おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

ロードバイクが気になっているあなた、ロードバイクにトライをしてみたいあなた、ぜひロードバイクをはじめてみませんか?カゼを切る爽快感!自分の足でどこまで行けるのかトライをする高揚感!1年中楽しめるロードバイクはあなたのライフパートナーになります!

しかし、一つネックがあります。それはロードバイクはバイクだけでは走りに行くことができないということです。普通の自転車にはついている・・・たとえばペダルなどはロードバイクにはついていません。別に購入する必要があります。またママチャリなどに比べスピードが出ます。普通に30km/hなどで巡行ができてしまいます。なので安全装備であるヘルメットやグローブなども必要になってきます。タイヤは高圧ですのでエアポンプはもちろん、出先でのパンク修理をするためのアイテムも大切です。サイクルコンピューターやドリンクボトルも必須ですね。

バイクですが、なんといってもバイクの値段が安い海外通販を使います。しかし、安心してください。海外通販でも日本国内ショップで組み立て、受け取ることができるサービスが充実しているサイクリングエクスプレスを使います。

バイクのプライスは長く乗れることを念頭に15万を上限に、105コンポーネントベースの22速仕様を基準にします。

当サイトではロードバイクをはじめるにあたり、予算20万円前後で全てをそろえることを目標に考えてみました。

スポンサードリンク

デローザ R838 カーボンバイク・149,999円

おすすめ1台目:イタリアンバイクのデローザといえばハートマークで誰もが知っているバイクです。フルカーボン、シマノ105の22速仕様が採用されているバイクです。デローザR838は鮮やかなトリコロールカラーであなたの初めてのバイクライフを彩ってくれます。
デローザ R838 カーボンバイク(提供サイクリングEX)

ビアンキ Vertigo カーボン・139,999円

おすすめ2台目:Bianchi Vertigo(ヴァーティゴ)です。ロングライド楽しむビアンキのカテゴリ「C2C」に属したフルカーボンモデルであるVertigo(ヴァーティゴ)。しなやかで振動を吸収しやすいフレームはもちろんフルカーボン。国内ではエントリーとしてTiagraが多いですが、このモデルは5800系シマノ105で当然22速。あとあとも安心です。車両重量も8kg台という軽さ。
ビアンキ Vertigo カーボン(提供サイクリングEX)

アズーリForza Eliteカーボン・119,999円

おすすめ3台目:アズーリはサイクリングエクスプレスが扱っているオリジナルバイクです。エントリーモデルながらフルカーボンモノコックフレームを採用。軽量と剛性をバランスしています。シマノ105の22速をアセンブリーしていますので、ホイールのグレードアップなどにも問題なし。マットなブラックフレームもとてもエントリーモデルとは思えない風格があります。アズーリフォルツァエリートコストパ抜群です。
アズーリForza Eliteカーボン(提供サイクリングEX)

スポンサードリンク